中国のロボットはどうなっている?ここにいると答えが見つかるかもしれません。
2021-06-02

座標:米国オーランド

店先:U&ME回転鍋店

 

  最近、米国のオーランドにあるU&ME回転しゃぶしゃぶ店が各メディアで人気になって、インターネットの人気を集めている。多くのビデオUPの主は自分の方式SNSアカウントでこの店のロボット「peanut」との体験を発表し、多くの海外ネットユーザーから好評を得ています。

 微信图片_20210602135841.png

  店内には給食するロボットリードするロボット二台がございます。

 

·ピーナッツがロボットをリードして、お客さんがレストランに入る時に彼らと親切に挨拶して、彼らを席に案内して食事をします。

 

・お食事ロボットは、お客様の注文、お届けを担当しています。メニューをお客のテーブルまでに送ります。注文が終わったら、頭をなでて自分で帰ってもできます

 

伝統的なレストランでは、お客様が料理の時間を待つ問題に遭遇することが多いですが、U&MEでは、ロボットを持ち上げて早く厨房の入り口で待っています。強い可搬能力で、一度に厨房からテーブルの上の食べ物を持って行って安全に配達します。でも、人間は何回も走り回らなければなりません。また、食べ物を間違えたり、食べ物をひっくり返したりする危険があります。食事のピーク時に、1.5-2人の料理人の代わりにピーナッツロボットが働きます。節約した時間従業員はより良いサービスを提供します。  ピーナッツの食事ロボットには、オーロラのインテリジェント自主開発の複合型ナビゲーション技術を搭載しており、複雑な環境下での自動で正確な位置決め、自律走行と全体的な経路計画、障害物の識別とスマートダイナミックな障害回避などの機能を実現できます。

 微信图片_20210602135830.jpg

一方、ロボットによる配膳サービスはお客様とレストラン従業員の間で直接接触しない「非接触式」サービスを実現し、新型のコロナ感染を防止するために非常に積極的な役割を果たしています。ロボットが戻ってきても消毒を行い、お客様に安心して食べられます。

 

また、ピーナッツの食事ロボットはネットの赤属性を持っていますので、多くのお客様は配送ロボットが大好きです。発売されると、お客さんに記念写真を撮ってカードを打つように引きつけられます。

 

U&ME回転しゃぶしゃぶ店は地元のレストランロボットを使って非接触式、人間化して注文する大人気レストランの一つとなりました。伝統的なレストランに中心を合わせて省人化ソリューションを提供し、人工知能技術業界のリーダーとして、ケータリングロボットは世界の飲食業界のインテリジェント化に新たな構想をもたらすだけでなく、世界に中国のロボット分野魅力を感じています。